先輩の声

高木病院

ICU 集中ケア認定看護師 Y. Yさん (2008年入職)

学べば学ぶだけ看護の幅が広がります
周囲に支えられ認定看護師資格を取得

看護師の仕事は学べば学んだ分だけの看護を患者さまに提供できます。認定看護師取得後は、患者さまの退院後のQOLの維持など先を見据えた看護を考えられるようになりました。

認定看護師研修で6カ月病棟を離れたことや復帰後の仕事と勉強の両立など、師長をはじめ周りのスタッフに支えてもらい今の私がいます。このグループで働けてよかったと思います。

外科病棟 N. Aさん (2015年入職)

さまざまな病床があるので
幅広い視野で看護を学べます

主治医、看護師、リハスタッフなど多職種が連携し、やりがいのある職場です。まだ2年目ですが、ターミナルやストーマの患者さまを受け持ち、緩和ケアや皮膚排泄など認定看護へ興味を持つようになりました。

グループには急性期から回復期、療養型からターミナルまで、さまざまな病床があるので幅広く看護を学べます。全国にある関連施設へも転勤可能で視野を広く持って働けます。

循環器病棟 N. Aさん(2016年 入職)

先輩のフォローで、入職当初の悩みも 乗り越えることができました

プリセプター制度があり先輩に相談しやすい環境が整っています。入職当初は分からないことやできないことが多く悩みましたが、先輩に相談に乗ってもらい乗り越えることができました。私の勤務する循環器病棟は毎日リハカンファを行っており、他職種との連携が深いのが特長です。患者さまが元気になられていく姿を見ることが何よりのやりがいです。

産婦人科病棟 A. Mさん(2017年入職)

新人研修や不安共有の場など 確実に成長できる環境が整っています

今年、助産師として入職しました。根気良く教えてくださる先輩方に支えていただいています。技術習得のための新人研修や不安を共有する場など、しっかりとしたフォローにより確実に成長していける環境が整っています。
日々疑問に思ったこと、興味を持ったことを振り返り、患者さまの思いに応えることのできる助産師をめざします。

看護部産婦人科病棟 副主任 Y. Aさん (2004年入職)

日頃の臨床で感じたことを生かし、
後輩助産師の助けになりたいと進学

国際医療福祉大学大学院 医療福祉学研究科 保健医療学専攻 助産学分野修了

臨床の現場で助産師教育に関わっていると、壁にぶつかることがあり、この経験を生かして、これから育っていく助産師が成長し生き生きと働く助けになりたいと思ったのが進学のきっかけです。「助産学」の分野に特化して学べる国際医療福祉大学大学院へ進学しました。
今後も助産研究を続け、母子とその家族、助産師にとって有意義な研究結果を残したいと思います。

循環器病棟 E. Mさん(2009年入職)

循環器をもっと学びたいと、高木病院へ

7年間、福岡山王病院の循環器病棟で勤務してきましたが、循環器に関して学びを深めたい、経験を積みたいと、心臓血管外科のある高木病院へ異動しました。

当グループは、関連施設が福岡だけでなく、関東にもあるので、スキルアップのための異動や研修が可能なのが魅力です。忙しい病棟ですが、時には冗談を言いつつ、笑いのある明るく元気な職場です。

ピックアップコンテンツ PICK UP CONTENTS