ご挨拶

院長ご挨拶

高木病院
院長 工藤 祥

高木病院は、高邦会グループの母体ともいえる病院で、大川・三潴・柳川および佐賀県南部地域の中核医療機関として、100年を越える歴史を刻んできました。「生命の尊厳、生命の平等」の理念の下、住民の要請に応えるべく、地域に根ざした診療を提供しています。さらに、安全で質の高い医療を提供するため、経験豊かな医療スタッフを確保し、最新鋭医療機器を導入することにより、最先端の医療を提供しています。

専門的かつ集中的に高度医療を提供できるよう、当院ではセンター方式での医療を行っており、地域がん診療の拠点となるがんセンターをはじめ、日本屈指の実績を誇る不妊センター、さらに循環器センター、呼吸器センター、肝臓病センター、そして検診部門を集約させた予防医学センターなどトータルケアで対応しています。

チーム医療の中で果たす看護師の役割はますます重要となっています。当院は「チーム医療」「地域連携」「地域の啓発」を合い言葉に、地域住民、かかりつけ医、そして基幹病院が一体となった診療形態の実現を目指しています。私共と一緒に頑張ってみませんか。

総看護部長ご挨拶

医療法人社団 高邦会
社会福祉法人 高邦福祉会
総看護部長 坂本 眞美

高邦会の病院グループは急性期から慢性期そして在宅支援まで、地域住民の皆様を支える医療・看護の提供を行っています。また、国内でも数少ない重症心身障害児(者)の支援施設「柳川療育センター」を有しています。

看護の生涯教育支援として、院内教育に加えグループ教育機関である国際医療福祉大学の大学院および九州地区生涯教育センターでの学びなど、皆さんのキャリアアップを支援しています。

生活に合わせ、目標に合わせ「働き方と場所を選べる高邦会グループ」で看護師としてのスタートラインに立ってみませんか。

副院長・看護部長のご挨拶

高木病院
副院長・看護部長
安達 康子

高木病院の看護現場では、ベッドサイドからさまざまな情報を発信し、他職種と協働して、ぬくもりのある看護を提供しています。患者さまの声に耳を傾け、一人ひとりに合った看護を提供するには、お互いに支え合い、自分の知識・技術を高める努力が必要です。

当院には、皆さまをサポートできる環境が十分に整っています。日々の業務は多忙ではありますが、きっとあなたがやりたい看護・あなたに合った職場・働き方を見つけることができると思います。

私たちと一緒に明るく元気に働く看護師をこの高木病院で目指してみませんか。

ピックアップコンテンツ PICK UP CONTENTS