教育プログラム

新人教育

新人研修

病院の組織を知り、社会人の一員として職場に慣れるために、採用時オリエンテーションを通して、看護師としての心構えや・姿勢・倫理、また接遇マナー等を最初に学習します。4月初めから10日間、新人看護師全員が集合で教育を受けながら、安全に基本的看護技術が習得できるように研修を実施しています。その後は1、2、6ヶ月、1年目のフォローアップ研修を実施しています。

左右にスライドしてご覧いただけます

実施時期 研修項目 内容 目的
入職時 採用時オリエンテーション 病院概要、看護部の概要についての理解、マナー研修、看護師間の交流会など 社会人として、また組織の一員としての自覚。専門職業人としての心構えを認識する。
技術研修Ⅰ 臨床における看護の基礎知識と基本的技術を取得する。 (摂食、排泄介助・注射・採血・点滴・ME機器取扱・酸素吸入・気管内吸引・シリンジ・輸液ポンプ・血糖測定・内服薬などの準備・方法及び取扱方等) 実践的な看護技術の基本を理解する。看護技術の原理原則の理解及び医療事故防止に対する知識の習得。
6月 2ヶ月研修 同期とのフォローアップを目的としてグループワークによるレクレーション(2ヶ月の振り返り・リフレッシュ) 2ケ月を振り返り、体験や気持ちを共有共感し、看護実践に生かす。
10月 6ヶ月研修 宿泊研修。6ヶ月の振り返り、困った場面を共有し問題解決を行なう。コミュニケーションゲーム、医療安全の基礎知識、懇親会など。 6ヶ月の経験から課題を見出し、皆と共有し今後に活用する。メンバーとの関係作り(連帯感)。
3月 1年目研修 1年目研修修了式(1年間の振り返り) 自分の成長の気付き(自覚・自信・目標到達の達成感)
採用時オリエンテーション
採用時オリエンテーション
マナー研修
マナー研修
技術研修
技術研修
2ヶ月研修(グループワーク)
2ヶ月研修(グループワーク)
6ヶ月研修
6ヶ月研修
修了式
修了式

経年別教育

教育体系

アットホームな雰囲気の中で、
一人ひとりが目標達成に集中できるプログラム。

看護部の理念に基づき、安全で質の高い看護サービスを提供できる看護職の育成を目指しています。看護部全員が前向きにそれぞれが自分の目指す看護が実践できるようにキャリアに応じた教育計画を立てています。また目標管理を導入し、個人の目標に向かって自己実現できるようサポートしています。

必須研修(経年別)

新人研修 教育プログラム(新人教育) 参照
初級研修 看護過程の理解、事例ごとの対応策を学ぶ(ケーススタディ)、メンバーシップの理解と実践
中級研修Ⅰ リーダーシップの理解と目標設定、コミュニケーションスキル習得
中級研修Ⅱ 準備中
上級研修 準備中

役割研修(役割別)

師長研修 看護管理の責任者として、良質な(組織的)看護サービスを提供するためのマネージメント能力を養う。
主任・副主任研修 主任・副主任としての役割の理解と実践
実習指導者研修 教育委員としての視点を養う。研修の企画・進め方を学ぶ
実地指導者研修 臨床指導者における隣地実習の意義及び指導者としての役割の理解、効果的な実習指導の実践
プリセプター研修 プリセプターの役割を理解し、効果的な新人指導の能力を養う
介護福祉士・助手研修 看護補助業務を遂行するために必要な知識・技術・態度を養う

トピックス研修

集合研修 看護師として専門的知識・技術を養い、スキルアップを目指す
安全管理研修 委員会における研修(必須研修)
感染管理研修 委員会における研修(必須研修)

看護研究研修

看護研究の必要性を理解し、学会や高邦会研究発表会、年一回の院内研究発表会において発表し、自分たちの看護をアピールするとともに看護の質向上に取り組む

院外研修

看護教員養成講習会・実習指導者研修・認定看護管理者(ファースト・セカンド等)、看護協会・看護連盟研修・看護学会・各種研修業者主催の研修会、専門看護師研修(認定看護師・専門看護師)等への参加

BLS講習会
BLS講習会
研究発表会
研究発表会

高邦会グループ看護部 教育構造

教育構造

ピックアップコンテンツ PICK UP CONTENTS