教育プログラム

新人教育

卒後1年目研修計画

3月

最初は一歩一歩確実に

まずは職場に慣れましょう

  • オリエンテーション
  • 導入研修(基本技術チェック)
  • 接遇・マナー研修
  • 倫理に関する講義
  • 看護技術
  • 看護必要度
  • 災害看護

入職後、約3週間かけ各部署をローテーションし配属を決定します。

研修風景
5月
6月

同期の仲間と勉強会。問題を共有し知識を深めましょう

  • リフレッシュ研修
    ~大学の宿泊施設を利用した1泊2日の集合研修~
  • チームの一員としての自己を見つめ、自分の考えをしっかりと持つ。
  • 心身をリフレッシュし、仲間意識を高める。
  • よい人間関係を構築する。
研修風景
7月
8月
9月

夢中で歩いてきた半年。
一度立ち止まって自分の成長を確認しましょう

  • 多重課題
  • フィジカルアセスメント研修
  • OJT
 
10月
11月
12月

技術の独り立ちもあとわずか…

  • 看護技術チェック
  • AED研修
  • 慣れたころ研修 ~同期が集まる集合研修~
  • OJT
1月
2月
3月

自信を持って前に進みましょう

さあ1年の総まとめの段階です。

  • 1年間のふりかえり
  • 技術到達の確認
  • 次年度の目標設定
  • OJT

経年別教育

育てたい看護師像

  1. 組織の一員としての役割の遂行
  2. 科学的根拠に基づいた看護技術
  3. 主体的に自己成長できる看護部

看護部教育計画

目的

国際医療福祉大学関連病院として担うべき医療・看護を理解し、看護実践能力を向上させる能力を養う。

目標

  1. 国際医療福祉大学関連病院の職員として担うべき医療・看護を自覚することができる。
  2. 看護の専門性を発揮できるよう、看護実践能力向上を図ることができる。
  3. 倫理原則と看護ケア倫理概念に基づいた看護を意識しながらケアを実践できる。
  4. 自己教育力を育てるために研究・研修に積極的に参加できる。
目的
新卒
  1. 社会人としての自覚を深める。
  2. 基本的技術を身につけ、実践に生かせる。
  3. チームの一員としての自覚を持つ。
  4. 1年目の技術到達が確認できる。
卒2
  1. 看護理論を学び、実践の中で看護課程を展開できる。
  2. チームの一員として自分の役割を理解することができる。
  3. 3年目に向けて(プリセプターナース、リーダー)の心構えができる。
卒3
  1. プリセプターシップを通して自分の看護について考えることができる。
  2. 看護実践をプリセプティと共に行うことで、役割モデルとなることができる。
  3. 日常看護実践の中における、リーダーシップとメンバーシップの相互の役割について理解する。
卒4
  1. 臨床での実践を看護研究に結びつけるために必要な基本的知識を学ぶことで臨床における研究の意義が理解できる。
  2. 看護研究の実践と発表を通し、次の研究に向けての動機付けができる。
卒5以上
  1. 自己研鑽のための研修が選択できる。
  2. 受講した研修の成果を報告することにより自己目標が設定できる。
  3. 中堅職員としての自覚ができ、役割を遂行できる。
ケアワーカー
  1. 医療チームの一員としての自己の役割を理解し、知識・技術・態度を学ぶ。
  2. 安全安楽を考えた介助ができる。
  3. 院内外の研修に参加し、自己の感性を高め知識を深める。
助手
  1. 医療チームの一員としての自己の役割を理解し、知識・技術・態度を学ぶ。
  2. 安全安楽を考えた介助ができる。
  3. 院内外の研修に参加し、自己の感性を高め知識を深める。
クラーク
  1. 業務を見直し実践することができる。
  2. 院内外の研修に参加し、自己の感性を高め知識を深める。
看護研究
  1. 看護ケアの質を向上させるため、臨床看護研究の方法とその活用を習得する。
  2. 学会発表に挑戦しよう。
トピックス
  1. 専門職業人として、自己の知識を深めることができる。

院内教育プログラム

院内教育プログラム図

ピックアップコンテンツ PICK UP CONTENTS