看護部紹介

看護部理念

患者さんに満足して頂ける看護を実践する

看護部基本方針

  1. 1.  安全、安心な質の高い看護を国内外の患者さんに実践する。
  2. 2.  高い倫理感と自律性を基に正しい根拠ある最善の看護を国内外の患者さんに実践する。
  3. 3.  他職種と連携・協同しながら専門性の高い看護を国内外の患者さんに実践する。
  4. 4.  看護職員が高い臨床看護実践能力を育み、実践できるよう学習支援を恒常的に行う。
  5. 5.  地域医療・看護との連携を推進し、地域における看護活動に貢献する。
  6. 6.  教育病院の看護部門としての役割を発揮する。

あなたが活躍できるステージがきっと見つかる新時代の病院です。

ステージ その1:
国際的な環境が職場です。

  • 外国から多くの方々が来院するため、約10か国語に対応した窓口を設置しています。
  • 海外経験の豊富なスタッフのもと、国際的な医療チームが実現します。

通訳専属スタッフを配置しますが、外国の方々と直接コミュニケーションを取りたいという方のために語学研修が受けられます。

ステージ その2:
様々な専門分野があります。

  • 感染症、周産期医療、救急医療、災害医療等において地域の医療機関と連携。
  • 最先端医療機器を導入し、医学部や大学院と密接に連携しながら研究を促進。

様々な医療現場を経験していく中で、自分の将来像が見えてくるはずです。

ステージ その3:
キャリアアップを応援します。

  • 大学院で、看護学分野、特定行為看護養成分野、助産学分野などが学べる。
  • 看護生涯学習センターで、認定看護管理者および臨床実践能力を個人に合わせて学習することができる。

国際医療福祉大学グループでは、職員のキャリアアップのために、働きながら学ぶことのできるカリキュラムを提供しています。

ピックアップコンテンツ PICK UP CONTENTS