看護部紹介

看護部理念

『温かな心のこもった
看護を提供します』

看護部基本方針

  1. 1. 患者さまの心に寄り添い、質の高い看護を提供します。
  2. 2. 専門職業人として自律し、安心・安全な看護を提供します。
  3. 3. 大学病院として教育・研究の場であることを認識し、看護学生や後輩の育成に努めます。

看護体制

勤務体制:病棟は2交替制勤務
部署名 日勤 夜勤等
病棟/ ICU 8:30~17:00 16:30~9:00
手術室 8:30~17:30 オンコール体制
外来 8:30~17:30  
  • 看護配置
    7:1 入院基本料、25:1 急性期看護補助体制加算
  • 看護方式
    固定チームナーシングと継続受持制の併用
  • 新人指導体制
    1人の新人に経験年数が異なる3~4名の先輩ナースがフォローするチームサポートシステムを導入
  • 各病棟に看護助手3名とクラーク1名と薬剤師1名を配置
    看護師は看護業務に専念できる体制
  • 高い専門性にもとづく高度な医療と温かなサービスをご提供します

    新病院においては、東京都がん診療連携拠点病院としての機能の充実を図ることに加え、脊椎脊髄センターなど既存の診療科の強化を行うなど、引き続き地域の医療ニーズに応えてまいります。
    予防医学から急性期、回復期までの包括的医療を提供しています。
    さまざまなステージでの看護を実践でき、いろいろな経験を積むことができ るので、スペシャリスト・ジェネラリストを目指すあなたにも最適です。


    都市型の総合的な病院として、東京都がん診療連携拠点病院として、さらに飛躍する国際医療福祉大学三田病院で、 私達と一緒に新しい歴史を作っていきましょう!

    新病院の概要

    開設 2012年2月 / 地上11階、地下1階 / 延べ床面積 約36,700㎡ / 病床数 291床

    チーム医療で活躍する認定看護師

    がん性疼痛看護認定看護師

    近年、がん医療は大きく進歩し治療が増えた一方で、その選択においては複雑化しています。患者さんのなかには、就労しながら治療に取り組んでいる方も多く、痛みをはじめとするがんの症状を抱えている方も少なくありません。
    私は緩和ケアチームの専従看護師として、外来通院または入院中の患者さんの身体症状や、心理的な問題について、緩和ケアチームメンバーと協働し対応しています。チーム医療が円滑かつ効果的に行えるように調整することも役割の一つです。
    また、週2回のがん看護外来では、患者さんの治療の方向性に関する悩み、社会生活や療養生活での不安について相談を受け、一緒に対応を考えています。
    院内のがん看護体制を整備することも役割の一つです。がん看護研修や緩和ケアリンクナース委員会を通して、院内のがん看護がよりよいものになるように取り組んでいます。

    感染管理認定看護師・感染症看護専門看護師

    私たちは、院内で医療を提供するあらゆる人々及び患者さんやご家族を医療関連感染から守ることを目標として活動しています。手指衛生や個人防護具の着脱を適切なタイミングと方法で行うための指導やモニタリング、科学的根拠に基づいたマニュアルの整備や周知、感染対策が実践できているか評価するための環境ラウンドやサーベイランス、職員が安全に職務を行うためのワクチンの管理等、活動内容は多岐に渡ります。
    感染対策は、私たち感染管理者だけでは成り立ちません。職員の一人一人が確実に対策を実践することで感染を防ぐことができます。日々の院内の感染の状況を把握し、問題解決できるよう皆さんをサポート致しますので、お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

    がん化学療法認定看護師

    私は、外来化学療法室に所属し、がん化学療法薬の安全な取り扱いと適切な投与管理、副作用症状の緩和およびセルフケア支援などの活動を行っております。
    外来化学療法室では、患者さんがご自宅でどのように副作用と向き合っておられるかを確認し、限られた時間ではございますが、患者さんご自身がセルフケアを確立できるようなアドバイスを心がけております。また病棟では、がん告知や治療変更などの、あらゆる段階において迷いや不安の気持ちを抱える方々に寄り添い、意思決定を支援していきたいと考えております。がん化学療法について、お困りのことがございましたらご相談下さい。

    認知症看護認定看護師

    私は病棟に所属し、認知症と診断された方だけではなく、高齢の患者さんの看護を行っています。治療が優先される急性期病院では入院前と環境が変わり、不安な気持ちや緊張状態にさらされ、混乱してしまうこともあります。そのような患者さんやご家族の気持ちに寄り添い、安心、安全に入院生活が送れるよう支援しています。
    多くの高齢の方が人生の終盤を迎えます。ご本人がどのような生き方や考え方で暮らしてきたかなどの生活史を知り、今後はどのように暮らしていきたいか、意思決定を大切に活動しています。
    認知症という疾患に囚われず、ご本人を尊重した看護・ケアができているかを常に自らに問いかけ、当院の認知症ケアが向上できるよう取り組んでいます。

    皮膚・排泄ケア認定看護師

    専従看護師1名と消化器病棟に所属する看護師の2名で褥瘡・ストーマ・創傷などの皮膚や排泄に関するケアを行っています。入院する患者さんは皮膚が脆弱でトラブルを起こしやすいので、皮膚損傷を予防するため、予防的スキンケアについて指導し、院内褥瘡発生0を目標に取り組んでいます。入院中の患者さんのリスクアセスメントを行い、褥瘡保有で入院される患者さんの早期治癒を目指し、予防から治癒まで病棟スタッフと連携して、一緒に考えながら看護ができるよう心がけています。
    またストーマ造設患者さんには外来からオリエンテーションを行い、手術までの精神面のフォローをしています。入院中も病棟スタッフとともに、セルフケア獲得にむけ支援しています。退院後も継続してストーマ外来でフォローし、ストーマ造設後もこれまで通りの生活を安心して過ごせるように関わっています。



    特定行為看護師:NP(Nurse Practitioner)


    当院で勤務している4名の特定行為看護師:NPは、国際医療福祉大学大学院特定行為看護師養成分野で2年間の修士課程教育を受け、医師の包括的指示のもと 診療や検査、処置など特定の医行為ができると認められた看護師です。 特定行為看護師は、看護の視点をベースにして医学的視点を持つので、より全人的にケアができます。チーム医療の中で、医師と看護師、患者をつなぐ架け橋として活躍しています。
    当院では主に循環器内科、神経内科、呼吸器内科、腎臓内科の診療科の医師とともに活動しております。また、国際医療福祉大学大学院の特定行為看護師養成分野の実習病院になっておりますので、学生の実習にも携わっています。

    ピックアップコンテンツ PICK UP CONTENTS