ご挨拶

ご挨拶

私たちは伝統と新しさを兼ね備えた当院の特徴を生かし、
患者様を尊重した看護を目指しています

院長ご挨拶

国際医療福祉大学市川病院
病院長 大谷 敏郎

当院は、「多職種の連携」と「チーム医療」を教育の柱とする、国際医療福祉大学の附属病院です。

「地域の皆様に、大学病院の名に恥じぬ本邦最高レベルの医療を、真心を込めてお届けしたい」との思いで、スタッフ一同が常に尽力しています。

大学附属病院である当院は、医師・看護師・医療福祉専門職の教育および研究機関としても大きな期待を背負っています。特に、看護師教育については、卒前卒後教育のいずれについても確固たる実績があり、大学附属病院ならではの教育システムを通じてすでに多くの人材を育て上げています。

外来診療・急性期医療のみならず、リハビリテーション医療を含めた慢性期医療を広く地域の皆様に提供している当院であれば、いかなる医学分野についても十分な経験を積んでいただくことが可能です。当院には、「大きな夢を抱いている皆様に、本当に勉強したいことを学んでいただける」体制が整っています。

皆様に求めるものは、「看護師としてのやる気と優しさ」です。スタッフ一同が、「やる気と優しさ」にあふれた皆様にお会いできますことを楽しみにしています。

ぜひ、私たちの新しい仲間となってください。そして、この市川の地で、自らが持つ可能性を最大限に開花させてください。私たちは、皆様の夢を実現するために、最大限のサポートをいたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

看護部長ご挨拶

国際医療福祉大学市川病院
看護部長 横山 孝子

看護部の理念である「真心をもって最善を尽くす」ためには、自分の大事な人にどのような看護をしてもらいたいかと考えれば、自ずと最善の看護が実践できると思います。一人で考えても考えつかない場合は、同僚、先輩、上司、他職種、主治医に尋ねてください。それこそが最善を尽くしたことになるし、大事な人を思いやることにつながります。独りよがりで考えず、チームで医療を行うことが重要です。きっとあなたにできることが見つかります。この力をつけるにはしっかり学習し、確かな知識と技術を身に着けていきましょう。市川病院では、頑張る皆さんの背中をしっかり押していきます。

ピックアップコンテンツ PICK UP CONTENTS