ご挨拶

ご挨拶

私たちは伝統と新しさを兼ね備えた当院の特徴を生かし、
患者様を尊重した看護を目指しています

院長ご挨拶

国際医療福祉大学市川病院
院長 佐伯 直勝

当院は、開設以来80年余り、結核の化学療法研究施設を発祥として、その後、「化研病院」の略称で近隣地域の方々にも親しまれてきました。 富士山を遠望できる閑静な国府台の一画、約7000坪の敷地に立地しています。

2005年から国際医療福祉大学の臨床医学研究センターに指定され、2007年には本館を新築し、一般診療に関わる施設・医療機器の充実による診療体制強化のもとで「がん」をはじめ、生活習慣病など近年の疾病構造の変化と社会ニーズに対応した質の高い医療の提供に取り組んでいます。

2013年夏に新病棟を開設し療養病棟とともにスムーズな社会復帰・在宅医療を支援し地域ニーズに応える医療を提供しております。 そして、2017年9月には、国際医療福祉大学市川病院として生まれ変わりました。従来の診療に加え、研究、医療人の教育を行う医療機関として発展しようとしています。

当院の伝統的な「至善至愛」の理念を引き継ぎ、都市型の診療施設として地域の病診連携にも一層尽力してまいる所存です。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

看護部長ご挨拶

国際医療福祉大学市川病院
看護部長 宮本 竹彦

看護部では、国際医療福祉大学の建学の精神である「共に生きる社会」の実現を目指して、患者様本位の看護を心がけています。

共に生きる社会とは、あらゆる人を受け入れ、あらゆる人が受け入れられる社会のことです。私たち看護部は、あらゆる人々の生命と暮らしを守り、最期までその人らしく生きる、誇りある人生を支える看護を提供したいと考えています。

そこで、私たちは「専門職としての自覚と責任のもと、真心をもって最善を尽くし、患者様の権利を尊重した看護を提供します。」を看護部の理念に掲げています。

「この病院に入院して良かった。」と患者様に満足していただけるように、自己研鑚に努め、確かな技術と根拠に基づいた安全な看護を提供します。そして、患者様の主体性を尊重し、納得のいく自己決定ができるよう支援していきたいと考えています。

ぜひ「共に生きる社会」の実現に向けて、一緒に取り組みましょう。

ピックアップコンテンツ PICK UP CONTENTS