先輩の声

柳川リハビリテーション病院

外来・手術室

ライフステージにあわせて施設間異動ができるのは利点だと思います

外来では患者様の採血や、医師の診察介助、入院までの検査などを担当しています。また、手術室も兼任しているので手術介助も行っています。育休復帰を機に通勤がしやすい当院へ異動しました。自分の生活状況にあわせて施設間異動ができるのは利点だと思います。また、子どもの体調不良などで急に休みを変更してもらったりする場面もありますが、周囲の協力が得られ、働きやすい環境です。外来は、患者様への接し方がダイレクトに病院の印象へ反映される部署だと思うので、いつも笑顔で挨拶や、丁寧な言葉遣い、接遇などに気をつけてています。

回復期病棟

病棟は明るく、話しやすい雰囲気です

急性期での治療やリハビリテーションが終了した患者様の在宅・社会復帰を目標として、日常生活の援助を行っています。車椅子で入院された患者様がリハビリテーションを行い、杖歩行になって退院される姿を見ると、自宅退院に必要な看護を提供できる喜びを感じます。当グループでは、入職した時から先輩がやさしく、わからないことも丁寧に教えてくれるのでたくさん学ぶことができます。今働いている病棟は明るく、話しやすい雰囲気です。新人看護師への指導も病棟全体で取り組んでいるため、計画的に多くの知識や技術を得られます。毎日笑顔で患者様やスタッフとかかわりながら、自宅や施設退院にむけて多職種で連携ケアをしています。

回復期病棟

患者様が徐々に回復する姿を見ると本当に働いていてよかったなと感じます

バイタルサイン測定・配薬・清潔・排泄ケア、食事介助や点滴管理などの業務に携わっています。日常生活での当たり前が病気の進行によってできなくなってしまった患者様が徐々に回復する姿や、笑顔になる様子を見ると本当に働いていてよかったなと感じます。
当グループは、新人教育に力を入れているため、計画的な技術の習得が可能です。私自身、まだまだ知識不足で、時間にも追われていますが患者様と接する際には「笑顔」を心がけ、声をかけやすい安心感のある看護師をめざしています。これから"根拠のある看護"の提供を目標とし日々知識を身につけていきたいと思います。

神経難病病棟

丁寧な対応で一人ひとりの患者様を大切にしています

パーキンソン病やALSなどの神経難病をかかえた患者様が入院しています。神経難病では手足の震えや筋肉が硬くなったりすることで歩行や食事、排泄などの動作にも障害がみられるようになります。そのため、食事や排泄介助はもちろん内服・点滴、呼吸器管理などの看護を行っています。看護を行う上で、「ありがとう」「あなたで良かった」という言葉をもらえると、またがんばろうと思います。人工呼吸器管理で言葉を発することができない患者様でも表情や目線で意思を主張されます。意思疎通が困難な方でも声をかけ、患者様の訴えにいち早く気づけるよう、丁寧な対応で一人ひとりの患者様を大切にしています。

感染管理認定看護師 看護部長室 主任 

奨学金制度も整い安心して資格取得に挑戦できます

感染症の発生予防・拡大防止のためのマニュアル整備や研修会などを行っています。責任は重く、多忙を極めることはありますが、自分の存在価値と仕事の達成感を実感できています。資格取得には奨学金制度を利用でき、金銭面の不安なく勉学に励めました。

ピックアップコンテンツ PICK UP CONTENTS