先輩の声

柳川リハビリテーション病院

神経難病病棟勤務 M.Rさん(2015年入職)

病棟全体で声を掛け合い、他職種との連携も密でとてもよい職場環境です

神経難病病棟で、患者さまの状態に合わせた日常生活援助や人工呼吸器の管理等に携わっています。疾患による言葉の出にくさ、思い通りに動けない患者さまの状態を理解し、患者さまの思いに添った看護ができた時、やりがいを感じます。

病棟全体で声を掛け合い、先輩方の指導をいただきながら日々成長できていきます。他職種との連携も密でとてもよい職場環境だと思います。

一般病棟勤務 T.Aさん(2015年入職)

すぐに仕事に生かせる新人研修で、
自信を持って業務を行えるようになります

当院の患者さまは、退院という大きな目標に向かって毎日、リハビリテーションを頑張っていらっしゃいます。そんな中で、患者さまやご家族の立場になって考え、看護を提供していくことの大切さを先輩から学びました。
新人研修の内容が多岐にわたっているのも、当院の特長。すぐに仕事に生かすことができ、自信を持って業務を行えるようになりました。

回復期リハビリテーション病棟勤務 N.Rさん(2016年入職)

整った教育体制のもと成長させてもらえる職場です

回復期リハビリテーション病棟は、患者さまの家庭復帰・社会復帰を目標として回復過程にある患者さまに寄り添う看護ができる病棟です。患者さまの回復力には喜びを感じ、看護のやりがいを感じています。病棟スタッフも明るく笑顔にあふれており、整った教育体制のもと成長させてもらえる職場だと感じています。

回復期リハビリテーション病棟勤務 F.Aさん(2017年入職)

優しく声を掛けてくれる先輩方に囲まれ何でも相談しやすく働きやすい職場です

いつも優しく声を掛けてくれる先輩方に囲まれ、何でも相談しやすくとても働きやすい職場環境です。また、「その人らしく尊厳を」という看護部理念に基づいた、患者さまの思いに寄り添った看護を行っています。回復期リハビリテーション病棟は車椅子に座っていた患者さまが退院時には歩かれている姿を見ることができたり、患者さまが回復されていく喜びと看護のやりがいを感じることができます。

回復期リハビリテーション病棟副主任 感染管理認定看護師 S.Mさん(1998年入職)

成長に必要なスキルを
身に付ける環境が整っています

九州地区生涯教育センターでは、いろいろな地域から来ている仲間と情報交換ができました。毎日が楽しく、有意義な半年でした。 看護師の仕事のおもしろさは、人と触れ合い、援助や関わりを通して自分自身が成長していける点。だれかの役に立つ充実感や達成感があることです。 そのために必要なスキルを身に付ける環境が整っているのが当グループの良さですね。

ピックアップコンテンツ PICK UP CONTENTS