教育プログラム

新人教育

新人研修

各病棟では、教育担当者、実地指導者、プリセプターが中心となり、スタッフ全員で新人看護師の指導に関わります。みなさんが、新しい環境にチームの一員としてスムーズに適応できるように、知識・技術・精神面を先輩看護師がサポートします。

左右にスライドしてご覧いただけます

実施月 研修項目・テーマ 内容 目的
入職
1週間
オリエンテーション 病院概要・看護部の概要の説明、看護師間の交流等など 理念と方針を理解し、社会人・専門職として必要な態度を身につける
技術研修 スタンダードプリコーション・吸引・トランスファー・採血・注射・点滴・オムツ交換 安全な看護を提供するための基礎看護技術が実践できる
4月 新人研修
(初回)
同期とのグループワーク、不安や悩みを共有し、今後への意欲を持つ 1年を通しての自分の課題、目標が持てる
5月 急変時の対応
BLS研修
急変時の一連の流れと基本的対応、AEDの取り扱い 急変時の対応を理解し、臨床での実践ができる
6月 『安全・リスクについて』 危険予知トレーニング(KYT) 事故防止対策を理解する
7月 3ヶ月の振り返り 同期とのグループワーク、不安や悩みを共有 3ヶ月を振り返り、今後の課題を明確にする
8月 多重課題シミュレーション研修 臨床で起こる様々な多重課題・時間切迫・作業中断などシミュレーション 優先順位を選択し、安全な看護ができる
9月 湯布院合同宿泊研修
『6ヶ月の振り返り』
互いの思い、経験を共有、同期との関係作り、懇親会など 6ヶ月を振り返り、今後の成長の手掛かりとする
10月
11月 院内看護研究発表会 研究発表会に参加 専門職として、研究の意義を理解し、関心を持つ
12月 高邦会合同研究発表会
1月 『1年間の振り返り』 同期とのグループワーク 1年間の評価を行い、2年目へ向けた課題を設定、今後の成長へとつなげる
2月 『クリニカルラダーについて』 クリニカルラダーシステムについての説明 自身のキャリアアップへ向けて、挑戦する意欲を持つ
3月 『修了式』 修了証書授与、懇親会、先輩、プリセプターとの交流を図り、絆を深める 看護専門職としての自覚と成長を促すことができる
AED研修
AED研修
オムツ交換実技研修
オムツ交換実技研修
注射実技研修
注射実技研修
多重課題研修
多重課題研修
湯布院宿泊研修
湯布院宿泊研修
修了式
修了式

経年別教育

教育目的

リハビリテーション病院としての専門性を高め、質の良い看護を提供できる看護師を育成する。

教育目標

  • 看護の本質を学び、安全かつ効果的な看護を提供できる能力を養う
  • 専門職として判断力・問題解決能力を養い、日常の看護に活かすことができる
  • 専門職業人として生涯学習の必要性を理解し、主体的に学習する姿勢を身につけることができる

教育体系

必須研修(経年別)

新人研修 教育プログラム(新人教育) 参照
初級研修 看護過程の理解、事例ごとの対応策を学ぶ(ケーススタディ)、メンバーシップの理解と実践
中級研修Ⅰ リーダーシップの理解と目標設定、コミュニケーションスキル習得
中級研修Ⅱ 準備中
上級研修 準備中

役割研修(役割別)

師長研修 看護管理の責任者として、良質な(組織的)看護サービスを提供するためのマネージメント能力を養う。
主任・副主任研修 主任・副主任としての役割の理解と実践
実習指導者研修 教育委員としての視点を養う。研修の企画・進め方を学ぶ
実地指導者研修 臨床指導者における隣地実習の意義及び指導者としての役割の理解、効果的な実習指導の実践
プリセプター研修 プリセプターの役割を理解し、効果的な新人指導の能力を養う
介護福祉士・助手研修 看護補助業務を遂行するために必要な知識・技術・態度を養う

トピックス研修

集合研修 看護師として専門的知識・技術を養い、スキルアップを目指す
安全管理研修 委員会における研修(必須研修)
感染管理研修 委員会における研修(必須研修)

看護研究研修

看護研究の必要性を理解し、学会や高邦会研究発表会、年一回の院内研究発表会において発表し、自分たちの看護をアピールするとともに看護の質向上に取り組む

院外研修

看護教員養成講習会・実習指導者研修・認定看護管理者(ファースト・セカンド等)、看護協会・看護連盟研修・看護学会・各種研修業者主催の研修会、専門看護師研修(認定看護師・専門看護師)等への参加

BLS講習会
BLS講習会
研究発表会
研究発表会

高邦会グループ看護部 教育構造

教育構造

ピックアップコンテンツ PICK UP CONTENTS