先輩の声

国際医療福祉大学病院

T.Kさん(2017年入職 助産師)

私は助産師として産婦人科病棟に勤務しています。自分の経験の未熟さに悔しさを覚えることもありますが、先輩方の温かいサポートのもと毎日業務に励んでいます。幅広い女性と関わるなかで、毎日学ばせて頂くことが沢山あります。助産師ならではの視点で、その患者様にとってより良い支援を提供できるよう、患者様に寄り添うケアと笑顔を忘れず、日々努力していきたいと思います。

K.Mさん(2017年入職 看護師)

私は呼吸器を主とした混合病棟で勤務しています。病棟は入退院が激しく当初は様々な疾患や処置の流れを掴めず戸惑うこともありました。そのような時にプリセプターや多くの先輩方が親身になり私をサポートして下さり、今では未熟な部分も多くありますが業務を行うことができています。今後はより一層、知識と技術を研鑚していき根拠を持って看護に努めていきたいです。そして、患者様の気持ちを汲み取り寄り添う看護を提供していきたいです。

E.Mさん(2017年入職 看護師)

私は消化器外科病棟で勤務しています。看護師になれた今、病棟スタッフの方々に支えられ、少しずつできることも増えてきました。知識や技術はまだまだ未熟ですが、パートナーシップナーシングをとっていることで一つ一つ先輩に確認しながらできるため、安心して看護の提供ができます。急性期から慢性期まで幅広い患者・家族と関われるこの病棟で、退院後も安心して過ごせるよう日々の経過での細かな変化に気づけるような看護師になりたいです。

W.Tさん(2017年入職 看護師)

私は循環器病棟で勤務しています。配属されてから知識や技術面で覚えることが多く、分からないことやできない自分に落ち込むこともありますが、先輩方の指導のもと日々成長できるよう頑張っています。看護師として患者様の笑顔が少しでも増えるような看護を提供し、患者様に不安なく知識や技術を提供できるようこれからも努力していきたいと思います。

ピックアップコンテンツ PICK UP CONTENTS