先輩の声

福岡山王病院

循環器科病棟 A.Yさん(2017年入職)

混合病棟なのでたくさんの知識が身につきます

循環器を中心とした内科混合病棟で勤務しています。心臓カテーテルやアブレーション治療の術前術後の管理やリハビリテーションのほか、糖尿病患者さんへの生活指導等を行っています。福岡山王病院は一病棟に多くの診療科が混在する混合病棟になります。勉強できる事が山ほどあるので、たくさんの知識が身につきます。先輩方は皆さん優しく、職場は和気あいあいとしていて、新人看護師としての一年間もストレスを感じることなく過ごすことができました。

産婦人科病棟 助産師 O.Rさん(2017年入職)

働きやすい職場環境で気持ちに余裕を持って働けます

助産師として母児、2つの命を預かるという点では、責任も大きく大変な仕事です。しかし、児が生まれた時の感動をご家族と共に喜べることは、この仕事をしているからこそだと思います。また産後も、母児の一番近くで双方の成長を見守れることも、助産師のおもしろさだと思っています。スタッフ同士の仲がよく、気軽に相談できる職場環境なのでとても働きやすく、気持ちに余裕を持って働けていると思います。

NICU O.Mさん(2016年入職)

教育体制がしっかり組まれ、相談しやすい環境です

早産や低出生体重等で生まれた赤ちゃんの看護や、そのご家族の不安の軽減、退院後の生活をイメージした育児指導等を行っています。看護師として患者様に安心していただけるよう、笑顔を大切にすることを心がけています。患者様やご家族に感謝されることでこれからもっと頑張ろうと思ったり、逆に勇気づけられたり、とてもやりがいのある職業だと思います。当グループは教育体制がしっかり組まれており、先輩方に相談しやすい環境です。

小児科・眼科病棟 副主任
感染対策委員会副委員長 H.Rさん(2009年入職)

キャリアアップしていくための環境に恵まれています

看護部及び院内感染対策委員として、ICTラウンドにも携わっています。当グループでは、看護師としてキャリアアップしていくための環境に恵まれており、働きながらも勉学に励むための支援を受けることができるので安心です。私自身、感染管理に少しでも効果的な関わりができないかと考え、上司の推薦もあって、奨学金制度を利用して感染管理認定看護師を取得するため、現在、国際医療福祉大学大学院で6カ月間の感染管理認定看護師の教育課程を受講中です。

手術室 主任 実習指導者副委員長
日本看護協会災害視線ナース M.Hさん(2000年入職)

災害看護も日常看護の応用であると、学びを深めました

当院看護部の災害支援チームチームリーダーとして、災害看護マニュアルの作成に取り組んでいます。私自身、福岡県看護協会の災害支援ナースに登録しており、2018年8月には西日本豪雨災害における派遣要請を受けて支援活動を行ってきました。災害看護も日常看護の応用であると身をもって体験し、学びを深めました。また、グループ施設が多く、結婚を機に退職する看護職者も多い中、施設間異動ができたことはとても心強かったです。

整形外科病棟 副師長 A.Kさん(1997年入職)

学びたい人の身近に学べる場所があります

患者さんの思いを聴き、多くのメディカルスタッフと関わり、幅広い知識を得ながらチーム医療を実践していくプロセスにおいて、「ありがとう」の言葉や、笑顔で退院される患者様を前にした際にチーム医療のキーパーソンである看護師の仕事の意義を感じます。キャリアアップの支援体制も整い、私自身も九州地区生涯教育センターでファースト、セカンドレベルを受講し、管理について学びました。学びたい人の身近に学べる場所があることが魅力です。

外科病棟主任 Y. Yさん(2009年入職)

生涯学習に力を入れている当グループには、
学びを実践につなげる環境が整っています

当グループは生涯学習に力を入れており、看護師としてのさらなるステップアップや資格取得に向けた後押しをしてくれます。
福岡山王病院の近くにはグループの大学や大学院があることも魅力。私は3年前に大学・九州地区生涯教育センターの保健師助産師看護師実習指導者講習会に参加。
看護学生の臨地実習受け入れ施設でもあるこの病院で、学んだことを実践中です。

手術室 I. Mさん(2016年入職)

誰にでも質問しやすい環境で、 安心してステップアップに臨めます

看護師1年目から手術室に勤務となりましたが、温かい先輩看護師や医師、技師の方々に支えられ、基礎看護だけでなく手術室看護という特殊で専門性の高い分野についても学ぶことができます。チームメンバー同士の距離が近く、お互いにフォローし合いながら働いています。少しずつ難しい手術につくようになりますが、誰にでも質問しやすい環境にあるので、安心してステップアップに臨めます。

ピックアップコンテンツ PICK UP CONTENTS