教育プログラム

教育理念・特徴

教育理念

看護部の理念に基づき、専門職として責任ある看護実践が提供できる看護職員を育成する

教育目標

  1. 一人ひとりが責任を持って自律した看護実践ができる
  2. 組織及び医療チームの一員としての役割を認識し、責任を果たすことができる
  3. 専門職として人材育成の役割を担うことができる
  4. 自己のキャリア開発に向けての姿勢を身につけることができる

当院の理想の看護師像

  • その人らしさを尊重し、思いやりあふれた看護が提供できる看護師
  • 看護師としての仕事に誇りを持ち、学ぶ姿勢と常に患者に寄り添うことができる真摯な姿勢を持った看護師
  • いかなる状況においても、落ち着いた態度で接することができ、判断力に優れた看護師

福岡山王病院の教育の特徴

教育理念に基づき、当院の理想の看護師像を目指し、看護実践能力開発プログラムに沿って一人ひとりが主体的に学習に取り組んでいけるようプログラムしています。看護部専任でキャリアカウンセラーの資格を持った教育担当者が新人教育や能力開発プログラム研修の企画運営など院内の看護教育全般を行い、新人教育にキャリア研修を取り入れ、1年目から自分のキャリアプランをしっかり考えていけるよう支援します。
キャリアというと仕事面だけと思われる方が多いと思いますが、キャリアとは私生活も含めたその人の生き方そのものと言われています。新人教育や、院内教育で広くキャリアについて学んでいただくことで、一人ひとりのライフキャリアが充実し、ワークライフバランスが実現できる病院を目指しています。
また、当院の母体である国際医療福祉大学・高邦会グループでは、実習指導者養成や認定看護師・大学院進学などキャリアを充実させるチャンスが沢山あります。目標を高く持ち、一人ひとりのキャリアプランを実現するお手伝いをします。

院内教育活動

  • 能力別研修、役割別研修、トピックス研修などがあります。能力別研修、役割別研修、トピックス研修などがあります。
  • 接遇・倫理・看護必要度などの全体研修も行われています。

看護研究

国際医療福祉大学の教員陣の指導のもと、看護研究が行われています。毎年院外の学会発表も行っています。

教育構造図

高邦会グループ看護部 クリニカルラダー

自己の習熟段階を知り、目標に向かって成長できる指標とする

  • 病院が求める看護師像を明確に示す
  • 看護師が目標とする到達水準を明らかにする
  • 自らの職業生涯を設計し、作りあげていく指標とする
  • 得意、不得意、習得、未習得の状況を把握する
  • キャリア開発を通して学習への意欲と、希望につなげる
クリニカルラダー

教育体系図

教育体系図

平成25年4月

新人教育

教育理念

新人教育体系図

左右にスライドしてご覧いただけます

名称 担当者 役割
研修責任者 副部長 新人教育におけるすべての教育に対する責任を担う
教育担当者 教育担当師長 新人教育におけるすべての教育に対する計画、実施、評価等を行なう
部署別教育責任者 主任・副主任
  1. 新人の到達目標に準じて集合研修・技術研修をもとに配属部署における現任教育(OJT)の目標を定め計画の立案・実施を行なう
  2. 実地指導者、教育担当者への助言及び指導を行なう
  3. 新人看護職員への指導及び評価を行なう
  4. 病棟スタッフに新人教育の方法を衆知徹底し、病棟全体で新人を育成する風土づくりを行なう
部署別教育担当者 教育委員
  1. 主任と協力し、新人の到達目標に準じて集合研修・技術研修をもとに配属部署における現任教育(OJT)の目標を定め計画の立案・実施を行なう
  2. 実地指導者への助言及び指導を行なう
  3. 新人看護職員への指導及び評価を行なう
  4. 病棟スタッフに新人教育の方法を周知徹底し、病棟全体で新人を育成する風土づくりを行なう
実地指導者 プリセプター 新人看護師に対して臨床実践に関する実地指導、評価等を行なう

新人教育プログラム(4月~3月までのスケジュール)

左右にスライドしてご覧いただけます

  到達目標 研修方法 研修内容 基本的な進行
4月
  • 社会人としての基本的マナーや心得を身に付けるとともに自己の健康管理ができる
  • 基本的な看護技術の実際を知る
  • 病棟の状況を知り雰囲気に慣れる
集合研修
技術研修
4月の研修内容はこちら 患者ケア3週目から
見学・一部実施
5月
  • 指導の下、日常生活の援助ができコミュニケーションが図れる
  • 基礎知識や看護技術を実践に結びつけることができる
  • 自己の健康状態に配慮し気分のリフレッシュができる
集合研修
技術研修
リフレッシュ

輸血
シリンジポンプ
輸液ポンプ
心電図
麻薬
  前半1~2人
担当
後半2~3人
担当
必ずフォロー



技術強化
週間
6月  
 
7月
  • 各勤務帯の業務が理解でき夜勤に向けて自己課題が明確にできる
  • 基本的知識、技術を習得し看護援助を安全確実に実施できる
集合研修 BLS
受講
夜勤の心構え
多重課題
チェックリスト
プリセプターの受け持ち副担当 できるだけ
フォロー
8月  
 
夜勤開始
9月
  • 安全に配慮した看護業務の優先順位が選択できる
  • 患者急変時の初期対応を身に付ける
集合研修
懇親会
6ヶ月フォロー
チェックリスト
10月    
11月
  • 個別性のある看護計画の立案ができ、実践できる
  • 職場環境への適応が順調に進み、チームの一員としての行動が取れる
    受け持ち
患者を持つ
 
12月 集合研修 9ヶ月フォロー
急変時の対応
チェックリスト
1月
  • チームメンバーの役割を理解し、他部門との連携、協働ができる
  • 未経験項目に対して積極的に技術習得に務める(実施できない場合は説明を受ける)
  • 一年を振り返り成果を承認し、次年度の目標を明確にする
 
2月 集合研修 修了式
3月
  • 次年度の目標に向け具体的な行動計画が立案できる
  チェックリスト

ピックアップコンテンツ PICK UP CONTENTS